民間学童保育 VS 習い事教室 民間学童は習い事教室の代わりになる?メリットやデメリットを知りたいです。

来春小1となる娘がいるフルタイム勤務ママです。最近、近所にも習い事付き民間学童保育ができてきました。民間学童の中で、様々な習い事やお稽古事ができるのでありがたい限りですが、実際のところ習い事教室の代わりになるのでしょうか?それぞれのメリットやデメリットも知りたいです。

子どもに有意義な放課後の時間を過ごして欲しい

今回はフルタイム勤務ママでの場合で解説します。専業主婦の方や最近増えてきたハイブリット勤務(テレワークと出社半々)の方との一番の大きな違いは、送迎は自分でできないので外部サービス等を利用する点です。

目次

費用比較 民間学童 VS 習い事教室

費用に関して言えば、民間学童保育で習い事をする方に軍配が上がります。

習い事教室へ通う場合の費用

高くつくのは、習い事教室の月謝よりも、習い事につれていき家まで連れて帰るまでの送迎サービス料金です。お住まいの市区町村や社会福祉業議会でのファミリー・サポートを利用できたとしても800円~1,000円×2時間(習い事を終わって、家に連れて帰るまでで想定)×月4回で1か月送迎サービス料金だけでも8,000円です。仮に英会話のグループレッスン(6-8人程度・90分)月10,000円に、ファミリー・サポートを利用して通うと、合計18,000円です。

これでもまだ安い方で、ファミリー・サポートがなければ、ベビーシッターを利用することとなりますが、1回の送迎で安くても4,000円程度にはなります。毎日学童保育をフルに利用しながらサッカークラブへの送迎や習い事もした場合の1か月の料金は?東京編をご参考ください。

そして、子どもにとっては送迎に移動する必要がないので、時間を有意義に利用できるのもメリットですね。

民間学童保育で習い事付き 週1利用の費用

民間学童保育で英語も学べる施設はかなり増えてきました。相場は、週1日で12,000円~25,000円前後となりますが、英語だけで過ごす英語学童もあれば、普段は日本語だけど英語のレッスンもある等様々です。

今回の比較しやすいように、専門の英会話教室のように、母語を英語としたネイティブ講師が、6-8人を担当するグループレッスンをしっかりと受けたい場合の民間学童保育の東京の平均相場としては、16,000円前後となります。

学びとしての環境比較 民間学童 VS 習い事教室

カリキュラム

初めての習い事であればどちらも一緒です。初心者を楽しく、そして継続的に学ぶカリキュラム設定はしています。継続して学び続けるなかで、レベルアップを期待するのであれば上位クラスが設定されている習い事教室がよいです。民間学童でも本格的な学びが期待できるレベル別コースや、少なくとも3年間は通うことを想定したカリキュラム設定がされているところもありますので確認してみてください。

講師の質

専門教室にいる講師の方がよい、と思いますが、習い事専門教室(常にキャンセル待ちが続いている水泳教室等は除く)は、少子化の影響をダイレクトに受けています。
もともと専門教室で働いていたけど、社会的ニーズの高い民間学童保育での講師として働いてる方も多くおられます。

習い事教室 VS 民間学童保育?の比較ではなく、施設の担当する講師によって異なりますので、体験イベント等に参加をして確認してください。

講師 対 子どもの人数

講師対子どもの人数対比を検討するうえで、マンツーマンがいいかと思えば、実はそうでもありません。子どもはよい講師の影響よりも、子ども同士による日々の学び合いによる効果の方がはるかに大きいです。(詳しくジュディス・リッチハリス氏の『子育ての大誤解』が参考になります。)ひとりでは消極的な子も、お友達(最初は全く見知らぬ関係性でも)がいることで刺激を受け積極的になる、というのは1回のレッスン中でもよくあるエピソードのひとつです。

さらに、一緒の学ぶお友達や仲間がいるのは、学びへの好奇心や、継続的な学び、という観点においても大きいです。カリキュラムの上位クラス設定と関連しますが、上位クラスのお友達や先輩がいるのはメリットです。自分もあんな風になりたい!と目標をもてるのは大きいですね。

さて、 民間学童 VS 習い事教室 に戻って考えると、一緒に学ぶ仲間は必要ではあるものの、例えば英語の場合、講師から手厚くフォローしてもらいたいのであれば専門の習い事教室がよいでしょう。民間学童の場合は、施設での運営規模も大きいですので、必然的に習い事に参加される子どもの人数も多い傾向にはあります。

まとめ 民間学童保育 VS 習い事教室

民間学童保育のメリットは、第一に送迎が不要なことで、子どもの放課後の時間と送迎サービス費用が無駄にならない点です。デメリットは、上位コースが設定されていない民間学童もあるので、カリキュラムの考え方やコース設定等についてはご自身でよく確認をお願いします。講師の質については、体験イベントで確認してみてください

習い事教室のメリットは、専門教室としての上位コースがあることです。送迎の手配ができる、もしくはご自身ができる時間的余裕があれば、民間学童ではなく習い事教室の利用をお勧めします。 講師の質については、体験イベントで確認してみてください

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる